TeraPad(テラパッド)のダウンロード

TeraPad(テラパッド)は、アプリケーションのウィンドウを単独表示する
方式のテキストエディタです。


テキストエディタとは、コンピュータで文字情報(テキスト)のみのファイル、
テキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェア(プログラム)ですが、
これは、パソコンを買ったときに最初から付いてるメモ帳みたいなもんです。


TeraPadでは、ファイルの種類に応じた色分け表示機能や、外部ツール
の呼び出し機能を持っているのが特徴ですね。


ちなみに、TeraPadダウンロードしたい場合は、Vector(ベクター)という
サイトで無料でダウンロードできますのでアクセスしてみてください。こちらです。


テキストエディタというとちょっと難しいイメージがありますが、TeraPadはとても
シンプルでわかりやすく、メモ帳しか使ったことのない人でも難なく使えるとおもいます。


といって機能が少なすぎることはなく、メタ検索や文字コード指定、矩形選択や
画面の分割などもできるのでおすすめです。

グーグルアースの使い方

グーグルアースは、世界中の地図や建物を3Dで見ることが出来る、無料ダウンロードソフトです。

この便利なソフトをぜひ使っていただきたいので、今日は【グーグルアースの検索の使い方】を解説したいと思います。


・検索パネルの「ジャンプ」
起動画面の左にある「▼検索」で「ジャンプ」をクリックして、検索枠に地名、名称、経度・経緯などを入力すると、目的地まで移動してくれます。

・検索パネルの「ビジネスを検索」
起動画面の左にある「▼検索」で「ビジネスを検索」をクリックすると、キーワードと場所を入力する枠が出てきます。

・検索パネルの「ルート」
起動画面の左にある「▼検索」で「ルート」をクリックすると、出発地点と到着地点までのルート検索ができます。日本語未対応です。


【グーグルアースの場所パネルの使い方】
起動画面の左にある「▼場所」の使い方をご紹介します。この欄は自分の好きな場所をチェックしてお気に入り登録できます。初期設定の段階ではお気に入りの中にいくつか登録されています。まずはそのリストを全部見るだけでもかなり楽しいですよ。


【グーグルアースのレイヤーパネルの使い方】
レイヤーパネルとは、画像に合わせてお店、ホテル、観光地などの詳しい情報を教えてくれる情報パネルが登場してくれるサービスです。
旅行の前に下調べとして利用するのも良いですし、昔行った場所の情報を見直すとしても便利です。


いろんな使い方ができるグーグルアースですが、最近は日本語版もあるのでとても使いやすくなりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。