高槻市営バスの路線や運賃

大阪府で運行している二つの市営バスの一つが高槻市営バスですが、高齢者へ無料パスを配るなどお年寄りに優しいバス会社です。


高槻市営バスの運行路線は路線図を見ると、JR東海道本線(JR京都線)を境に南北地域に分かれていることが分かります。

JR高槻駅南・JR高槻駅北・JR摂津富田駅・阪急高槻市駅・阪急富田駅(小寺池図書館横)の5つが、高槻市営バスの主要バス乗り場です。昼間はかなり利用する人が多いですね。


運賃は基本的に均一運賃(大人210円、小児100円)を採用していますが、一部山のほうは距離によって運賃が違うようです。また、指定区間を何回でも自由に乗り降りできる「一日乗車券」や、回数券・回数カードなどのお得な乗車券もいろいろあります。


高槻市営バスは、スルッとKANSAIに加盟するとともに、ICOCAおよびPiTaPaにも対応していますし、定期券のIC化により1区間の定期運賃で南部区間と北部区間共通で利用できるようになったのは嬉しいです。


高槻市営バスの時刻表や運賃は、高槻市交通部のホームページで簡単に調べることができますし、観光スポットや周辺施設などの情報も得られるので一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

大阪市営バスの運行路線

大阪市営バスは、大阪ではとてもメジャーなバスです。それもそのはず大阪市全域に運行路線を持っています。なので、大阪市民にとってはとても重要な交通手段なのです。もちろん阪急バスや近鉄バスなんかも走っていますがメインはやっぱり市バスです。


その運行路線は、路線図を見てみると、隣接する守口市や門真市、東大阪市、八尾市、堺市、松原市、摂津市にも乗り入れていることが分かりますし、調べたら全部で900ものバス車両があるそうです。


大阪市営バスは、ワンマンバス(日本初)や、赤バスと呼ばれる100円料金のコミュニティーバスの運行をするなどとてもアクティブなバス会社なんです。


バスの乗り方はバス会社によって違うようですが、大阪市営バスの乗り方は、後乗り前降り方式です。運賃(乗車料金)は、乗車距離にかかわらず大人が200円均一、子供は半額の100円ですから良心的ですよね。


バスの乗り継ぎに関してはちょっとややこしいので割愛しますが、運転手に直接言って乗継券をもらってください。スルッとKANSAIカードやPiTaPa、ICOCAなどのICカードも使えます。また、一般バスから地下鉄に乗り継ぐこともできます。


料金の支払い方法なんですが、阪急バスや近鉄バス、神戸市営バスなど、大部分の路線バスが両替方式なのに、大阪市営バスではつり銭式という独自路線を展開しているところがおもしろいですね。


なお、大阪市営バスの時刻表は、大阪市交通局のホームページで簡単にみることができます。

駅すぱあとならいつでもどこでも経路検索可能!

駅すぱあとなら、あらゆる公共交通機関をナビゲートしています。

駅すぱあとは、日本全国の鉄道、空路の路線情報とダイヤ情報を収録しています。

そのうえ駅すぱあとの特徴は、バス情報についていえば、路線バス、コミュニティバス、高速バス、空港連絡バスなど、広範囲な路線データを収録しています。


それに「駅すぱあと」なら「誰でも」「いつでも」「どこからでも」ナビゲートしてくれます。いつでも 常に最新の情報を提供してくれるので信頼できます。

どこでも インターネットや携帯電話でも経路探索ができます。誰でも使いやすいようにできているので、操作はカンタンです。


ところで、パスモ(Pasmo)にはキャラクターがあるって知っていましたか?パスモ(Pasmo)ロボットって、言うそうです。

まぁ、見た感じ、ロボットといっても決して無機質ではなく「人に優しい」「便利」であるというイメージを持たせた、柔らかく親しみやすいキャラに見えます。なんだかお堅いイメージのあるこの業界には
いいかもしれません。

それにしても、在庫がなくなるほど売れたパスモ(Pasmo)はすごい人気でしたよよね。

最近めったに話題にならないパスモの購入って今はできるんでしょうか。駅すぱあとと併用すればさらにお得になると思います。
タグ:パスモ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。