JR西日本 ムーンライト九州

ムーンライト九州は、JR九州とJR西日本が共同運行していた夜行の臨時快速列車です。
新大阪駅と博多駅間を運行していました。


ムーンライト九州は、運行開始当時、博多と京都間を運行していました。主に学校の長期
休暇の時期にあわせ、春・夏・冬休みに関西と九州間を1日1往復していたのです。


乗車時間は9時間半から10時間で、決して速くはありませんでしたが、それでも乗客にとって
は魅力的な列車でした。

なぜなら、ムーンライト九州はの運転時期が全国のJR線で普通列車・快速列車が一日
乗り放題となる「青春18きっぷ」の発売時期といっしょで、それを使えば、新幹線(自由席)
に比べ、6割以上安い料金で乗車できたからです。


また、青春18きっぷを使えば関西と九州間を結ぶ高速バスよりも安上がりに移動できることから
若者を中心に人気がありました。


ですが、さらに低料金の高速バスが登場するなどで次第に乗客数が減少し、空席が目立つ
ようになり運行本数も次第に減って行きました。加えて車両も老朽化し、2008年から2009
年の年末年始に運行したものの2009年春のダイヤから運行が見送られていました。

そして、鉄道ファンに惜しまれつつ廃止、引退となってしまいました。今まで、たくさ
んの旅の思い出を与えてくれた『ムーンライト九州』に、ありがとうと言いたいですね。
タグ:JR西日本

大人の遠足

大人の遠足とは、ここでは大人が行って楽しいところに仲間といって楽しもうと言う健全な観光ツアーのことです。


遠足と言えば、幼稚園・保育所や小学校での日帰り程度の旅行のことをいうのが一般的ですよね。交通手段は行き先にもよりますが、貸切バスを利用したり、鉄道や路線バスなどを用いたり、あるいは直接歩きで出かけるということもあります。


遠足の行き先の定番と言えば、牧場や植物園、山や丘陵などへのピクニック、フィールドアスレチックなどでの運動、美術館や博物館などの文化施設などの見学・観覧です。

大人の遠足でも行き先はほぼ同じですが、学校行事ではないので、ディズニーランドなどのレジャー施設や温泉なんかもありです。どこに行くか迷ったときは、大人の遠足ガイドなんか見てみるといいと思います。


遠足の楽しみと言えば、持参したお弁当を青空の下で食べることと、おやとしてお菓子を持っていくことですよね。とくにお菓子は、300円から500円ぐらいで金額が決めらていたので、何を買っていくのかあれこれ迷ったものです。


必ずと言っていいほど「先生、バナナはおやつに入るんですか?」と聞くやつがいますが、おやつです。でもお菓子の金額に含めないのが普通です。それに、バナナでお腹満たしたらお菓子食べれなくなるので持ってくる人はほとんどいませんよね。


大人の遠足では、あえてお菓子の上限額をきめることもないと思いますが、やはり遠足らしくするために1,000円ぐらいに上限をきめると、童心にかえって遠足の準備も盛り上がりますよ。


私なら、飴、ガム、チョコレート、煎餅かスナック、ポッキー、つまみ系、ペットボトル飲料などを持っていきますが、あれこれ考えると本当に楽しいです。「大人の遠足」にみなさんも行ってみませんか。
タグ:遠足

はとバス 大阪・ミナミ観光ツアー

はとバスと言えば東京観光がゆうめいですよね。皇居や東京タワー、浅草といった
定番コースのほか、お台場、フジテレビを巡るコースなども人気が高い“はとバス”が
関西で初めてツアーを行うみたいです。


そのツアーは「はとバス 大阪・ミナミ観光ツアー」と言いますが、
南海電鉄と共同で無料開催するそうです。


同ツアーでは、普段東京の観光名所や横浜を観光案内しているはとバスのバスガイド
さんが、通天閣や木津市場、なんばパークスなどの大阪の観光スポットを、それぞれ
東京タワーや築地市場、六本木ヒルズといった東京の見どころと比較しながらガイド
し、約20分かけて巡るとのことです。


実際に東京で観光案内をしているバスガイドさんが案内してくれるので、はとバスの
雰囲気を味わうことが出来るのではないでしょうか。
日帰りツアーなのもいいですね。


なお、大阪にも「大阪はとバス」があるそうですが、運営している大阪緑風観光や
鹿児島の南九州はとバスなどは、東京のはとバスとは無関係だそうです。やっぱり
はとバス乗るなら東京のバスガイドさんと乗りたいな。

格安海外旅行サイト「てるみくらぶ」

「てるみくらぶ」は、ハワイやグアム、サイパンなどの格安海外旅行サイトです。

やはり、海外格安航空券、格安海外ツアーなどを取り扱っている旅行サイト
「HIS」よりも安いという口コミが広まり人気となっています。

格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】の特徴としては、ホームページでの各コースの
日にち別残席数が正確です。申し込みがあるとすぐ更新され残席数に反映されます。

申し込み後は、迅速にツアー内容の確認書類、金額明細・振込用紙が送付されてきます。
ネットで申し込みすると割引があるのでお得です。

ツアー料金を振り込むと詳細内容がすぐに送られてきます。ここが一番不安だと
思いますが本当にすぐ送られてきます。


初めてご利用になる方は、安心できる旅行会社かどうか心配だと思いますが、
「てるみくらぶ」は日本旅行業協会(JATA)の会員ですし、旅行業の登録も
されているので、一応安心できる旅行会社であることが分かります。


それでも不安なら「てるみくらぶ」を利用したことがある方の口コミや感想
など評判をネットで調べてみるとよいと思います。

私が調べた限りでは、サポートが悪いとか、対応が悪いとかという感想はありませんでしたよ。
てるみくらぶ」普通に安心出来る旅行会社のようです。

北九州市営バスの路線や運賃

北九州市営バスは、主に福岡県北九州市若松区・八幡西区および遠賀郡水巻町・芦屋町に路線網をもつ北九州市交通局が運営する路線バスです。


白と紺のツートンカラーが目を引くワンステップバスや黄緑色のノンステップバスの車両で運行しています。乗降方式は後乗り前降りです。


北九州市営バスの運賃は区間料金制を採用していますので、遠くに行けば行くほど料金がかかります。西鉄バス北九州との共通定期券制度もありますが、現時点では乗車カードの共通利用はできないのでご注意を。


二島駅を境に、東へ向かう路線を受け持つ若松営業所と、西へ向かう路線を受け持つ向田営業所がありますが、向田営業所と北九州空港を結ぶ高速バスの路線もあります。


また、乗車カードとして非接触式ICカード「ひまわりバスカード」が導入されており、回数券タイプ・定期券タイプ・一日乗車券タイプの3種類があります。一日乗車券タイプは、一日大人700円(小児350円)でエアポートバス(北九州空港線)を除く市営バス全路線に乗車することができるお得な乗車券です。ぜひ利用したいですね。


なお、北九州市交通局のホームページでは北九州市営バスの時刻表や路線や運賃などを簡単に調べることが出来る他、バスツアーなどの楽しい情報もありますのでアクセスしてみてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。