インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーターになるには、資格試験を受け合格しなければなりません。


独学で受験する方もいますが、やはりインテリアの専門学校やインテリアスクールに通
われている方のほうが合格率は高くなっていますので、おすすめです。


インテリアスクールには通学タイプから、社会人など昼間通学できない方のための夜間
スクール、自宅で学べる通信講座までありますので、あなたのライフスタイルに合わせ
て選択することができます。


夜間コースのインテリアスクールには、すでにデザイン関係の仕事に就いていて、さら
なる資格をゲットするために通っている人も多いようです。


インテリアの講座の種類は、インテリアコーディネーターだけでなく他にもたくさんあります。

インテリアデザイナー・ディスプレイコーディネート・空間デザイン・インテリアCAD
・リフォームプランニング・インテリア+色彩検定・店舗デザイナーなど様々なコースがあります。


受講する期間は、インテリアスクールや講座の種類によっても変わりますが、半年から
1年の期間別になっているものや、回数が決まっているものなど様々です。


料金も同様に、スクール内容や種類によっても変わってきますので、インテリアスクール
に行くときは、まずは資料請求してみるといいと思います。
タグ:資格

ブラック企業度判定サイト

ブラック企業度判定サイトをご存知ですか?

そもそも「ブラック企業」とは何なのか知らない方もいると思うので簡単に
ご説明いたします。


ブラック企業とは、サービス残業、休日返上は当たり前で、低賃金で馬車馬の
ように働かされたり、ワンマン経営や、パワハラなどが横行し、社員や従業員
に対して過酷な環境下での労働を強いる風土がある企業のことで、不祥事を起
こした会社や内定を取り消した会社なども含まれるようです。


巨大掲示板「2ちゃんねる」の「就職板」や「転職板」では、「ブラック企業偏
差値ランキング」が作られ、数多くの企業がランクインしている状況です。


ブラック企業という言葉をいつ、誰が使い始めたのかはっきりしていませんが
、ネット上の掲示板で、就職活動中の学生たちの間で、「ブラック企業」とい
う言葉がよく登場するようになったようです。


そんな中、自分の働いている会社の「ブラック企業度」を測定するという触れ
込みで登場したのが「ブラック企業.com」というサイトです。25個の項目に
「はい」か「いいえ」で回答すると、パーセンテージで「ブラック企業度」が
出る仕組み。気になる人はぜひお試しあれ。

面接対策:面接の受け方

面接対策では、面接の受け方がとても重要ですからあらかじめ知識を得ておいたほうが良いでしょう。

正社員にしてもアルバイトやパートにしても、面接の受け方しだいで採用の有無が変わるといっても過言ではありません。


企業やお店などで面接を担当する方は、もちろん履歴書の内容、例えば学歴や職歴・資格・特技などもチェックしますが、まずは面接でその人の印象や受け応えの仕方などひととなりをみるわけですから、面接の受け方がとても重要になってきます。


それでは、面接の受け方で最も大切なポイントをご説明いたします。

まずは、服装です。通常面接担当者はあなたと初対面なわけですから、服装や髪型など第一印象に気を配る必要があります。

企業や会社なら、スーツなど基本のスタイルで面接を受けましょう。お店などなら、カジュアルなかっこでもいいですが、派手な髪型やメイクはやめましょう。いずれにしても、清潔感のある服装をこころがけることが大切です。

次に、面接時間に遅れないこと。履歴書は市販のもので十分ですが、持参する場合は忘れないこと。筆記用具も持参しましょう。


他にも面接の受け方で大切なことがあります。
⇒ 知らないから落ちる面接の4点減点法はこちら


面接では、志望の理由など質問などもありますから、その会社やお店などに応じてあらかじめ回答を準備しておくのも良いと思います。
タグ:面接
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。