知っ得!知って得する情報集めました

面接対策:面接の受け方

面接対策では、面接の受け方がとても重要ですからあらかじめ知識を得ておいたほうが良いでしょう。

正社員にしてもアルバイトやパートにしても、面接の受け方しだいで採用の有無が変わるといっても過言ではありません。


企業やお店などで面接を担当する方は、もちろん履歴書の内容、例えば学歴や職歴・資格・特技などもチェックしますが、まずは面接でその人の印象や受け応えの仕方などひととなりをみるわけですから、面接の受け方がとても重要になってきます。


それでは、面接の受け方で最も大切なポイントをご説明いたします。

まずは、服装です。通常面接担当者はあなたと初対面なわけですから、服装や髪型など第一印象に気を配る必要があります。

企業や会社なら、スーツなど基本のスタイルで面接を受けましょう。お店などなら、カジュアルなかっこでもいいですが、派手な髪型やメイクはやめましょう。いずれにしても、清潔感のある服装をこころがけることが大切です。

次に、面接時間に遅れないこと。履歴書は市販のもので十分ですが、持参する場合は忘れないこと。筆記用具も持参しましょう。


他にも面接の受け方で大切なことがあります。
⇒ 知らないから落ちる面接の4点減点法はこちら


面接では、志望の理由など質問などもありますから、その会社やお店などに応じてあらかじめ回答を準備しておくのも良いと思います。
タグ:面接
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。